FREE
流行るESG基準作り、取り残される実社会

岸上有沙氏による2020年ESGニュースアップデートシリーズ。

ESGの基準作りは現在、世界的に大流行りだ。

欧州に続いて作成されていく各国のグリーン(サステナブル)タクソノミーIFRS自身も含め、IFRS等の国際会計基準と同列の位置づけを求め協働と融合を検討するGRIやSASB等の元祖ESG基準団体;投資や企業コンサルタントによるサステナブル・ワーキング・グループやESG指標の整備;金融安定理事会の指示に基づいて作成されたTCFDに続く、自然資本に関する財務開示フレームワーク(TNFD)やカーボン会計のPCAFに続く生物多様性会計のPBAFなど、その動きは後を絶たない。

これだけを見れば、転換期に免れない混沌はあるに…

You must login to view this FREE content.

Already got a Subscription or Free Trial or Registered to access free content?

Login here.

None of the above?

Register here to access this FREE content.

Copyright © 2020 RGM.