FREE
我らの血となり肉となる…食するもの、投資するもの

今や、世界的には炭素税よりも砂糖税が多くなっています。投資家は、「栄養のトランジション」に正しく対応出来ているか否かを確認する必要がある、とレイチェル・クロスリー氏とケイティ・ゴードン氏は綴る。

今や、世界的には炭素税よりも砂糖税が多くなっています。投資家は、「栄養のトランジション」に正しく対応出来ているか否かを確認する必要がある、とレイチェル・クロスリー氏とケイティ・ゴードン氏は綴る。

機関投資家は、気候危機への世界的な対応において重要な役割を果たしてきている。Covid-19の影響を受ける最中、世界的な栄養危機に対しても、同様な役割が期待されます。

パンデミックは、我々の食生活を改めて見直す必要性を露わにしました。パンデミックが起きる以前より、危険なセックス、アルコール、薬物、タバコを全て合わせた場合よりも、不健康な食生活は個人の罹患率と死亡率に大きなリスクをもたらしていました。 Covid-19による罹患率は、過体重または食生活に関連した病気の人の間で高くなっています。 

パンデミックの前に以前は8億2000万人以上が栄養不足でしたが、国連世界食糧計画は、さらに数百万人が深刻な食糧不安と飢餓に直面するであろうという厳しい警告を発しています。

不健康な食生活を送る数億人

ほとんどの先進国では、生鮮食品よりも加工食品からより多くのカロリーを摂取し、こうした加工食品は脂肪、塩分、砂糖が多い傾向があります。

新興経済国が都市化するにつれて、パッケージ食品の需要が高まり、それに伴って肥満と病気の発生率が高まっています。ラテンアメリカでは、2000年から2013年の間にパッケージ食品の売上が2倍になりました。この地域では現在、壊滅的な肥満の問題に直面しています。世界的に、20億人以上が過体重または肥満の状態にあり、20億人以上が健康に不可欠なビタミンやミネラルを欠いています

甚大な長期的な経済への影響

貧しい食生活は、経済全体に2つの重要な影響を及ぼします。国の長期的な経済成長への影響と、政府による健康関連の支出への影響です。最近のチャタムハウスの報告書によると、低中所得国で活動する企業は、栄養不良(栄養不足と過剰摂取の両方を意味する)に関連する生産性の低下により、これらの国の合計GDPの2.9%に相当する年間最大8,500億ドルの損失を被っていると算出しています。

世界銀行の分析によると、栄養不足による国の生産性の低下と経済成長への影響は、アフリカとアジアで毎年GDPの最大11%相当でした。 OECDの分析では、過体重による雇用の減少と生産性の低下により、2020年から2050年の間に加盟国の平均GDPが3.3%減少すると予測されました。

さらに、予防可能な食生活関連疾患、とりわけ13の癌、心血管疾患、高血圧、II型糖尿病の発病の増加は、国の医療制度に多大な財政負担をかけています。平均して、OECD加盟国は、2020年から2050年の間に過体重の結果を治療するために医療予算の8.4%をも費やすと予想されています。

高まる健康食品への消費者の関心、強まる政府規制 

より健康的な食品に対する消費者の需要は高まっています。多くの企業は、2020年から2024年にかけて予測される健康食品における6%の年平均成長率(CAGR)の機会を享受するため、または政府の改革目標に対応するために、より健康的な製品の開発に投資しています。良好な食感と味を維持しつつ、果物と野菜の割合を高めながら、塩分、糖分、脂肪を減らすことを目標にしています。

こうした消費者と生産者の動きがあるにも関わらず、政府はより健康的な食生活への移行を更に加速するために規制措置を講じています。食生活は個人の選択や意志の欠如よりも、食環境によって形作られていることが実証されているためです。

言い換えれば、問題は体系的であり、食品の配合、ラベル付け、販売、価格設定、および流通方法を変更する必要があります。規制は、このセクターへの投資とリターンにリスクをもたらします。今まで以上に投資家はどの企業がより積極的にリスクに取り組んでいるかを把握し、そうした企業を支援する必要があります

各国政府が砂糖税を導入しており、現在、31ある炭素税を超える44の砂糖税が導入されています。アナリストは、他の国々でも砂糖税が近々に導入され、その範囲をビスケット、ケーキ、朝食用シリアルなどの品目に拡大していくと予測しています。 

2014年に導入されたメキシコの甘味飲料に対する10%の税金は、2年以内に砂糖飲料の消費を7.6%削減しました。エネルギー密度の高い食品(100グラムあたり275カロリー以上)に対する8%の販売価格税により、嗜好食品の購入が8%削減されました。


不健康な食品のマーケティングを規制する動きはますます普及しており、タバコと同様に、不健康な食品や飲料製品に健康警告の入った表示が導入されています。2016年、チリは漫画が掲載されたパッケージを制限する法律を導入し、学校が不健康な食品を販売するのを禁止し、テレビ広告を制限し、宣伝用のおもちゃを禁止し、不健康な食品にはタバコ製品同様の大きな黒い警告ラベルの表示を義務付けました。

2019年には、ロンドン交通局は全線上での不健康な食品や製品の広告を制限し、昨年末には、英国政府は英国での不健康な食品の宣伝を制限する意向を発表しました。児童を不健康な食品から保護する措置としては、英国でのテレビやオンラインにおけるファーストフード広告は午後9時以降という規制の導入から、35か国における学校での砂糖入り飲料を制限する動きまで様々です。

また、オーストラリアのクイーンズランド州政府は、2,000を超える屋外広告スペースを介して宣伝できる食品または飲料を塩分、砂糖、脂肪の含有量によって制限しています。

さらなる規制導入の高まりが予想されます。 2019年、公衆衛生の専門家は、たばこと気候変動に関する国連条約をモデルにした、食料システムに関する枠組み条約を提案しました。消費者の行動を健康的で持続可能な食品にシフトするため、不健康な食品を規制し、赤身のお肉やトウモロコシへの補助金を減らし、増税することが含まれます。この条約づくりには、利益相反の関係から、食品会社および業界団体の参加は禁止されています。

高まる栄養に関する投資家への関心

こうした背景の中驚くことはないが、栄養に対する投資家の関心が高まっています。今では多くの人が、貧弱な食生活は注意が必要な重大な社会問題であることを理解しています。そうした人々は、持続可能な開発目標(SDGs)の2と3(写真を参照)の実現を支援し、すべてのSDGsの実現に貢献する可能性を見出しています。投資家は、個別商品と食品ポートフォリオ全体での健康度合を中心に、企業の栄養に関するガバナンスと戦略に関する透明性を求めています。

2013年の立ち上げ以来、非営利団体であるAccess to Nutrition Initiative(ATNI)は、投資家にこうした情報を提供するインデックスを公開しています。ATNIは、あらゆる形態の栄養不良への対処に関する食品および飲料会社の取り組みを評価およびランク付けしています。

このインデックスを構成する重要な要素として、各社の製品プロファイルが含まれています。これは、企業の製品ポートフォリオの健康度合に関する独立した分析です。 この製品プロファイルには、Health Star Ratingを使用して企業を評価しています。すべてのステークホルダーが各社の製品ポートフォリオの実態と進捗状況を比較可能にするためには、グローバルなコンセンサスが取れた商品の健康度合に関する一貫した定義を使用することがとても重要となります。 ATNIは、6月に最新のグローバルインデックスを公開することを予定しています。

 栄養、食生活、健康に関する投資家期待の表明

投資家の調査とエンゲージメントをサポートするために、ATNIは栄養、食生活、健康に関する投資家の期待をまとめた宣言文(Investor Statement)を作成しました。現在、12兆ドル以上に運用資産高を誇る投資家に指示されており、この数字は、国際舞台で栄養が前面に出てくる2021年にかけて増加すると予想されています。

9月開催予定の国連食糧システムサミットでは、17のSDGsすべてに進歩をもたらすための大胆なアクションの立ち上げを目指しています。各SDGsは、より健康的で、より持続可能で、公平な食糧システムにある程度依存しているためとなります。

これに続いて12月にNutrition4Growthサミットが開催され、世界的な栄養不良に取り組むため、ビジネスセクターを含むステークホルダー各種からのコミットメントを確保することを目指しています。 ATNIは、これらの重要な会議の場に投資家の声を伝えることを望んでいます。

【ATNIへの参加を通じた投資家行動

食品および飲料セクターが直面している栄養関連のリスク、影響、機会をよりよく理解し、SDGs 2および3の達成に貢献したいと考える投資家は、ATNI署名機関になることが奨励されます。

署名機関は、投資判断に即した栄養関連のニュースやレポートを含んだ投資家ポータルへのアクセス、および投資家による共同エンゲージメントに関する専門サポートが含まれます。詳細については、Investor.support @ accesstonutrition.orgにお問い合わせください(日本語での問い合わせも可能)。

翻訳:岸上有沙



Rachel Crossley is an Advisor to the Access to Nutrition Initiative
ATNI アドバイザ―、Rachel Crossley

 




Katie Gordon is an Advisor to the Access to Nutrition Initiative
ATNI アドバイザ―、Katie Gordon





Copyright © 2021 RGM.